吃音症とあがり症

吃音症とあがり症

吃音症とあがり症ですが、どちらも心理的な要因で引き起こされ、それを自分で自覚することで、さらに症状が悪化する点において、共通していますね。

 

そもそもどちらも、子供の頃から症状が現れている場合が多く、そして原因についても、どちらも良く分からないというのが、実情です。

 

それで大人になり、仕事をしていく上でも、吃音症とあがり症の両方で悩んでいる人が、結構多いようなのです。

 

仕事をやっていく上でも、その場の雰囲気に緊張してしまい、自分の主張がうまく伝えられなかったり、言葉がスムーズに出なかったりと言うことで、問題となるでしょう。

 

さらにそのことを、意識すればするほど、症状も悪化するのです。

 

自分の経験の中で悪いことばかりを覚えているのです。

 

あがり症と吃音症は、その根本は同じです。すべては条件反射です。

 

吃音症の改善のためには、改善するためのトレーニングが必要です。メンタルトレーニングです。

 

吃音症を直すには、あまり焦らないことが重要です。短期間で改善できるとは初めから思わず、気長にチャレンジしてみましょう。

 

どんなことでも、人は訓練すればできるようになるのです。悩む必要はありません。

 

落ち着いてゆっくりしゃべれるように、メンタル面から毎日トレーニングすれば、吃音は必ず克服できます。

 

もちろん症状に個人差がありますから、トレーニング法も、皆さんに共通してることはありません。

 

吃音症の改善のためのトレーニングはいろいろなサイトで紹介されています。

 

どれがいいのか、自分に良く合いそうな方法を、自分で判断して選んで見ましょう。


プライバシーポリシーについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用することがあります。(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。