吃音症は病気なのか

吃音症は病気なのか

どもりのことを、医学的には吃音症と呼びます。しかし病院に行っても、吃音症には、はっきりとした治療法が、ないそうです。

 

そのため医学的には吃音症を、明確に病気と考えてはないようです。

 

じつは吃音症は、吃音症そのものよりも、それを気にするために起こる様々な弊害のほうが問題なのです。

 

幼いころならいじめの対象になったりもしますし、気にすることでさらに強いコンプレックスを持ったりもするでしょう。
そして、そのような経験があると、どうしてもトラウマになり、大人になっても、出てしまう・・・

 

じつは大人になってからの吃音症の改善が進まないのは、そこに原因があると言われているのです。

 

だったら、気にしなければいいのに・・・って周りの人間は思うのですが、しかし当人にとってそれは深刻な問題なのです。

 

人との会話に、とても臆病になりますし、強いストレスを感じるようになります。

 

そうするとそれが吃音症の症状を、さらに悪化させるのです。

 

吃音症を改善させるには、精神的な面をトレーニングすることが大事です。
というのは、吃音症は喉や舌などの動かし方に問題があるわけではなく、話す・・という、スムーズな動きに対する脳からの指令が、
精神的な緊張のためにうまく伝わっていないことから起きるのです。

 

吃音症に悩む日本人はとても多いそうです。

 

おおよそ大人の、100人に一人は、吃音症だそうです。

 

悩む必要はありません。

 

落ち着いてゆっくりしゃべれるように、メンタル面から毎日トレーニングすれば、吃音は必ず克服できます。


プライバシーポリシーについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用することがあります。(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。