吃音症と年齢

吃音症と年齢

幼児などの幼い子供は、まだしゃべることに慣れていないため、吃音となるケースが多く、約全体の5%程度が吃音症と言われています。

 

ただそのような子供の吃音症は年齢的なものですから、成長に伴って自然となくなっていきます。

 

吃音症を治すのは、子供の時の方が早いと言われてはいますが、ただ子供の吃音症は、実はあまり必要以上に心配するのは良くないとも言われてます。
というのも、子供に対して必要以上に吃音の事をうるさく言うと、それ自体がストレスとなって吃音が逆に、ひどくなるケースがあるからです。

 

厳格な親に育てられた子供ほど、吃音症になりやすいとも言われます。

 

吃音症は精神的なものですから、子供の時の吃音症改善には注意を払わなければいけません。
大人になってからだと、吃音症を治すことは容易ではありません。

 

ただ、吃音症の改善は、時間をかけてゆっくりとあせらず、メンタル面から毎日トレーニングすれば、吃音は必ず克服できます。
がんばりましょう。


プライバシーポリシーについて

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 を使用することがあります。(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) ユーザーは Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。